こぶん太 チャンネル

こぶん太家族のおもしろ日記、子連れ旅行や成長記をアップします。

②キャンピングカーで伊豆半島の道の駅全制覇の旅

どうも、足湯に癒されるこぶん太です!

伊豆道の駅全制覇の旅の第2話となりました。

伊豆縦貫道から「伊豆ゲートウェイ函南」「伊豆のへそ」そして亀石峠を越えて「伊東マリンタウン」までやってきたこぶん太さん。

伊豆道の駅は3ヶ所制覇しました。

 

f:id:cobunta:20221121120158j:image

本日は道の駅巡りはこの辺りで一旦おしまい、伊東を観光して回ることにしましたよ。

 

妹のこぶん子ちゃんとママは伊豆テディベアミュージアムへ、となりのトトロの展示もあってトトロ大好きなこぶん子ちゃんは大喜び。

こぶん太さんはクマのぬいぐるみは🧸…「興味ない」と💦

男の子だから仕方ないですかね、興味ないのに無理に連れて行ってもと言うことでこぶん太さんとパパは近くの伊豆高原駅に向かうことにしましたよ。

 

こぶん太さんの目的は駅前にある足湯でした。

伊東マリンタウンで足湯にハマったようで、伊豆高原駅にも足湯がある情報を聞いて、クマのぬいぐるみよりも足湯がいいとこちらに来たのでした。

伊豆急行の列車を見ながら入れるトレインビューの足湯、電車好きのこぶん太さんには最高の足湯だったみたいですよ。

 

f:id:cobunta:20221121111700j:image

列車を見学しながら足湯でゆっくりしたのでこぶん太さんは伊豆高原駅にあったカフェでおやつタイムにしましたよ。

この日も暑かったので、ソフトクリームを注文しました。

旦那牛乳を使用したソフトクリームにチョコのトッピング🍦

旦那牛乳は酪農家と工場の距離が近く新鮮で安全な牛乳で知られています。静岡県東部の学校給食にも採用されている美味しい牛乳ですよ。伊豆のソフトクリームと言えばこの旦那牛丼を使用したソフトクリームが多いですね。

 

f:id:cobunta:20221121112616j:image

夕方になりこぶん子ちゃんとママと合流して、本日お楽しみのお風呂の時間になりました。

この日は伊東にあるホテル「湯あみの宿かめや楽寛」を利用させていただきましたよ。

貸切風呂だけの利用ができ、ホテルのフロントで受付をしてお風呂のカギをお借りして最上階にあるお風呂に入りました。

オーシャンビューの露天風呂と開放的な内湯もあって、家族4人みんなで入ってもゆったり過ごすことができましたよ。

日帰り温泉もありますが、このように立ち寄りで貸切風呂が利用できる宿があるので周りを気にせず家族みんなでお風呂に入りたい時はとてもいいですよ♪

 

f:id:cobunta:20221121113257j:image

さて、お風呂からキャンピングカーに戻ってお夕飯に伊豆名物でもテイクアウトして食べようかと思ったら、こぶん太さんも妹のこぶん子ちゃんも来る時に見かけたマクドナルドのハンバーガーがいいと言い出して結局この日のお夕飯はマックのハンバーガー🍔と途中で購入したお寿司のお弁当を食べてお夕飯は完了。

まぁ、今回はキャンピングカーで伊豆道の駅を巡る旅ですからね、それだけでも楽しくて大満足な旅行です。お腹が膨れたので良しとしましょう。

 

さぁ、今夜は伊東マリンタウンで休ませてもらって、次は下田を目指して進んでいきますよ!

それでは今回のお話はここまで、また次回お会いしましょう!

 

▼動画も見てみてね✨YouTubeこぶん太チャンネル▼


①伊豆半島道の駅全制覇の旅

 

グットボタンとチャンネル登録をおまちしてます💕

 

www.youtube.com

①キャンピングカーで伊豆半島の道の駅全制覇の旅

どうも、鉄道も道路も、駅が大好きこぶん太です!

今回はキャンピングカーで伊豆半島を2泊3日で巡る旅行をしてきましたよ。

 

しかも、伊豆半島にある道の駅を全制覇してみようとチャレンジ企画も盛り込みました!

伊豆半島には全部で9の道の駅があり1日に3つ巡れれば全部制覇することができそうです。

さて、どんな旅になるのでしょうね?

 

さぁ、今回の旅のお供のキャンピングカーはAtoZのアミティです。

キャブコンと言われる運転席部分を残して後ろ側に居住スペースを乗せた、キャンピングカーと言われて1番最初に思い浮かぶようなキャンピングカーです。その中でも小型の部類で居住スペースがコンパクトにまとまられています。

 

小型と言ってもしっかり対面で4人が座って食事ができるテーブルもありますし、後ろには子供が喜ぶ二段ベッドもあります。

 

後ろのベッドは大きな男性だとちょっと窮屈ですが、子供ならこの通り余裕たっぷりに寝ることができます。

 

運転席の上にもバンクベッドがあり、こちらも十分に寝れるスペースとなっています。

もちろん、テーブルの椅子を倒せばそこもベッドに早変わり。

家族4人ゆったりと寝るスペースがあります。

こんなワクワクするようなキャンピングカーで伊豆を巡って行きますよ。

 

東名沼津ICから伊豆へのアクセスが格段に良くなった伊豆縦貫道を通り、伊豆中央道の手前で1番最初の道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」にやってきましたよ。

こちらは道の駅に隣接した所に、明太子で有名なかねふくのめんたいパークがあったり、山本食品の伊豆わさびミュージアムがあったり、狩野川沿いに行くと川の駅がありキャンプやBBQやアクティビティが楽しめる施設もあり、色々な施設が充実している道の駅です。道の駅内にはお洒落なメニューのレストランがあったり、地元の人気お寿司屋さんの「沼津魚がし鮨」があったり、カフェのタリーズやコンビニのセブンイレブンがあったり、嬉しい施設がいっぱいの道の駅です。

 

魅了的なお店がいっぱいだったのですが、今回はせっかくキャンピングカーできてるので車内でお昼ご飯にしようと、コンビニでお弁当やおにぎりを買ってキャンピングカーで食べることにしましたよ。

 

ただのコンビニおにぎりと言ってしまえばそれまでですが、キャンピングカーで食べるおにぎりは一味違いますよ、周りに気兼ねなくゆっくり食事ができるのは魅力ですね。

 

さぁ、腹ごしらえをした所で次の道の駅を目指しますよ。

伊豆中央道を通り伊豆の中心部へと入って行きます。

 

次に立ち寄ったのは、道の駅「伊豆のへそ」です。

地ビールがあったり、伊豆村の駅と言う農産物の直売所があったり、食事をする所もお肉ガッツリ系のお店だったり、道の駅それぞれに特色があって面白いですね。

 

県下最大級のイチゴ狩り施設が近くにある道の駅と言うこともあって、イチゴの専門店もありました。

 

さて、道の駅伊豆のへその前の道路を東に向かい山を越えて東伊豆までやってきましたよ。

キャンピングカーでの山道は無理せずゆっくりが鉄則ですね、後続の車に道を譲りながら、スピードを出さずゆっくりと亀石峠を越えてきました。

 

海を眺めながら次にやってきたのは道の駅「伊東マリンタウン」です。

伊豆の観光地と言われると伊東や伊豆高原を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?関東方面からアクセスもしやすく、人気の高い道の駅です。

こちらの道の駅は今回の旅で1番混み合っていた道の駅でした。

海のそばの道の駅と言うこともあって伊豆の海産物が並び色々見て回りたかったのですが、あまりの混雑に施設内は人を避けるので精一杯、施設内を見て回るのは諦めました。

 

外に出てみると無料の足湯がありましたよ。

空いてたのでちょこっとこちらで休憩をさせていただきました。

暑い日だったのですが、お湯に足をつけるとなんかホッとしますね。

さて、伊豆旅行初日ですが道の駅巡りは今日はこの辺りでおしまいにして、残りの時間を伊東周辺を観光してみたいと思いますよ。

では、今回のお話はそろそろおしまいまた次回のお話でお会いしましょうね!

 

▼動画も見てみてね✨YouTubeこぶん太チャンネル▼


①伊豆半島道の駅全制覇の旅

 

グットボタンとチャンネル登録をおまちしてます💕

 

www.youtube.com

PAで日本最古の建物がある駒門パーキングエリアに行ってきた!

どうも、パーキングエリアの名物にめがないこぶん太です!

今回は静岡県御殿場市にある駒門パーキングエリア(上り)に行ってきましたよ。

 

下り線の駒門パーキングエリアは新東名の開通に伴いリニューアルされて、場所も変わり新しくとてもキレイな施設に生まれ変わったのですが、上り線は昔のまま残されていました。

実はこちらの建物がパーキングエリアの建物で日本最古のものと言われている様です。

歴史ある建物だったのですね。

 

入り口にも案内が書かれていましたよ。

 

しかし、残念なことに2022年10月に営業を終了してしまうみたいです。

終わってしまうと聞くと何故か名残惜しくなってしまうもので、思い出作りに駒門パーキングエリアの名物を食べていくことにしましたよ。

 

駒門パーキングエリアの名物アメリカンドッ君です。

手作りでかわいい顔が描かれたアメリカンドックで、こぶん太さんとドライブで高速道路を利用する時は良くおやつに食べていたこぶん太さんお墨付きの美味しいホットスナックです。

今は他のPAでも購入できるようになっていますが、こちら駒門パーキングエリアが発祥なんだそうです。

こぶん太さん前歯が生え変わる時期になってちょっと食べにくいですが、カリカリふわふわの生地を最初に食べるのが好きで周りから食べています。

 

あと駒門パーキングエリア名物と言ったらこちら「駒門の水」でしょう。

この水を汲むためだけに立ち寄るドライバーさんがたくさんおられました。

こちら富士山の伏流水でとても美味しいお水だそうです。

飲用できるように水道として消毒もされているようなので、その点は安心ですね。

 

2022年10月に建物にある食堂と売店の営業は終了してしまいますが、トイレ、自販機、駒門の水、スマートICは継続して利用できるそうです。

 

▼動画も見てみてね✨YouTubeこぶん太チャンネル▼


駒門パーキングエリア

 

グットボタンとチャンネル登録をおまちしてます💕

 

www.youtube.com

列車の連結を見に行こう!横須賀線逗子駅

どうも、大事なことは指差し確認こぶん太です!

今回は列車の連結を見に行ってきましたよ。

 

こぶん太の住む所はご覧の通り列車といえば単線の、のどかな所。

連結どころか、長い列車が走ることも少ない所なので、身近に連結作業が見れるところがないので、連結が見れる駅として有名な横須賀線逗子駅に向かいました。

 

2時間ほどかけて逗子駅にやってきました。

こちらの駅では約1時間に1回程度の連結を見ることができます。

横須賀方面から来る列車が逗子駅で増結して大船方面へ向かいます。

時刻表の15分程前にホームにいると良いようです。

 

駅の入場券は2時間までですし、ずっと駅にいるのも子供は飽きてしまいますからね、駅前で食事をしたりお茶をしたり、時々隣の鎌倉駅に移動してお散歩したりすると、それほど1時間に1回の連結を待つのもそれほど苦にはならない様です。

 

こぶん太さん夕方まで何度も連結と切り離しを見学させてもらって大満足の1日を過ごしましたよ。

 

▼動画も見てみてね✨YouTubeこぶん太チャンネル▼


列車の連結を見よう!横須賀線逗子駅

 

グットボタンとチャンネル登録をおまちしてます💕

 

www.youtube.com

小学生になったので子供用Suicaを作ってみた!

どうも、小学1年生を満喫中のこぶん太です!

こぶん太さん学校生活以外に小学生になって新たに始まったのが、乗車券を購入して運賃をしっかりと支払って乗り物に乗るようになりましたよ。

 

幼稚園までは大人と一緒にくっついて自動改札を通っていましたが、小学生になってからは一人で自動改札も通ります。

毎回こども用の乗車券を購入して乗り物に乗っていましたが、何せ乗り物好きのこぶん太さん、毎回乗車券を購入するのも手間になってきました。

 

そんな時にやっぱり便利なのが交通系ICカードですね。

チャージしておけばいつでも乗り物に乗ることができます。

ですので、今回こぶん太用の交通系ICカードを作りに行ってきましたよ。

 

さて、交通系ICカードは色々種類がありますが、こぶん太さんはSuicaを選びましたよ。

こぶん太さんの住む静岡県JR東海エリアなのでTOICAがあるので、そちらを作ろうかと思ったのですが、名古屋方面よりもSuicaエリアの関東方面へ遊びに行くことが多く、SuicaにはJREポイントがあってポイントが貯まるメリットも、TOICAは独自のポイントプログラムもない為お得感がないのでSuicaを選びましたよ。

 

こども用Suicaを作る時はどこでも作れるわけでなく、券売機では作れないので、みどりの窓口のある駅で作ります。

手続きの時に子供の身分証(保険証やマイナンバーカードなど)を提示する必要があるので忘れずに。

 

みどりの窓口での手続きはとっても簡単、書類に必要事項を記入して身分証を提示すれば、5分ほどでこども用Suicaカードを受け取ることができました。

 

こども用Suicaカードですが、カード自体はデザインも変わらず、名前が入る大人のMy Suicaのカードと全く同じ物です。

違いは、カードの上中央に(小)の文字が入り、こぶん太さんの名前が入っています。

自動改札を通る時は「ピヨピヨ」とこども用乗車券を通した時と同じ音がします。

もちろん運賃はこども運賃がチャージした金額から引かれます。

 

これできっぷを買う手間が省けていっぱい乗り物に乗ることができるよになりました✨

今回はこども運賃の話も出ましたが、こども運賃は半額になる交通機関が多いのですが、小田急電鉄は全区間一律こども運賃50円と言うなんともありがたい料金設定の会社もありまよ。

 

▼動画も見てみてね✨YouTubeこぶん太チャンネル▼


こども用Suicaを作ってみた!

 

グットボタンとチャンネル登録をおまちしてます💕

 

www.youtube.com

水辺で水遊びができる公園 蓮華寺池公園 【静岡県藤枝市】

どうも、暑い日は水遊びで涼をとるこぶん太です!

静岡県藤枝市にあるジャンボ滑り台があることで有名な蓮華寺池公園の水遊び場で遊んできました。

 

(藤枝市ホームページより)

蓮華寺池を囲うように色々な施設が設置されている公園で、滝の広場という所が水遊びスポットになっています。

 

駐車場からは1番奥まった所にあり、池の周りをゆっくりと歩いていくと、大きな滝が見えてきます。

上に登るとこんな迫力のある滝を見ることができますよ。(こちらは水遊びは禁止)

 

下の水遊びができるエリアで遊んでいきますよ。

広々としていて、死角になりやすい物がないので、子供を見守るのに安心。

水深も20センチ程で小さい子も遊んでいました。

 

隣のエリアに来ましたよこちらは壁一面に滝が流れていて、滝の勢いで巻き上がる風と水飛沫でとても涼しく、滝の迫力があって面白いみたい。

滝に打たれながら走り回っていました。

 

そろそろ、気温も涼しくなってくる頃ですからね、これが今年の水遊び納めかな?

 

▼動画も見てみてね✨YouTubeこぶん太チャンネル▼


蓮華寺池公園

 

グットボタンとチャンネル登録をおまちしてます💕

 

www.youtube.com

⑤ サンライズ出雲 B寝台シングルを添い寝で0泊3日⁉︎ 子連れで寝台列車往復の旅

どうも、旅の終わりはセンチメンタルになっちゃうこぶん太です!

サンライズ出雲の旅も第5話、最終話となりましたよ。

出雲市から東京行きのサンライズ出雲号の乗車して、お夕飯を済ませたこぶん太さん。

 

車内の通路を通り3号車までやってきました。

帰りのサンライズはシャワーカードをゲットできたので早速3号車にあるシャワー室にやってきました。

先に待っている方がいたので、隣にあるラウンジで時間を潰すことにしましたよ。

サンライズ号のノビノビ座席やソロはテーブルがないので、こちらで食事をしたり、仲間と喋ったり、他の乗客との交流の場にもなっているようです。

賑わうこともあるようですが、この日はこぶん太さんともう1人ゆったりとラウンジを使う事ができました。

 

シャワーの時間は6分間、忙しそうですが、途中シャワーをー止めながら体や頭を洗えば、パパと2人十分洗い流して温まる事ができる時間はあったそうですよ。

逃げるようにドアを開けようとするこぶん太さん、最後に退出する時に次使用する人のために使用後の洗浄ボタンがあるのですが、そのボタンを押すと大きな音と共に圧縮空気が出て、足下の水気を勢いよく払うのですが、吸い込まれると思っていたようでビビっちゃいました。子供にはなかなかあれだけの轟音は怖いかもしれませんね。

 

お部屋に戻ってパジャマにお着替えをしたら、まったりタイム。

好きなゲームをしたり、動画を見たり、ゆっくりと過ごします。

サンライズ出雲は19時頃出雲市駅を出発するので、寝るまでの時間がたっぷりあるのでゆったり時間を過ごせます。

 

さぁ、岡山駅で瀬戸号と出雲号が連結したら寝る約束をしたので、岡山駅に到着する前に寝る支度をしますよ。

歯も磨いて、おトイレも行って寝る準備万端。

こぶん太さん歯磨きは濯ぎの要らないジェルタイプの歯磨き粉を使用してるので旅先やこう言った所での歯磨きに便利ですよ。

 

さぁ、寝る支度もでき、もうすぐ岡山駅ですよ。

岡山駅ではサンライズ瀬戸号が先に到着していて、出雲号が後ろに連結して、終点東京駅を目指します。

サンライズ瀬戸号に乗車している人は連結作業を見ることができますが、出雲号は連結してからドアが開くので車内から連結を見守ります。

出雲号が駅手前で停車後に、ゆっくりと瀬戸号が待つホームにゆっくり進みます。

何段階かに分けて瀬戸号に近づいた後「ゴトンッ!」と言う音と連結時の軽い衝撃が伝わりました。無事連結を見守りこぶん太さんは直ぐに眠りにつきましたよ。

 

さて、東海道線国府津駅の辺りで6時の目覚ましのアラームが鳴りましたよ。

自分で起きると言っていたのになかなか起きないこぶん太さん。

パパに揺り動かされてようやく起きましたが、まだ眠いとギリギリの横浜駅までもうしばらく寝ることにしましたよ。

 

あらあら、着替えたのに横浜駅に到着したのにまだまだグダグダのこぶん太さんです。

鼻をほじって鼻血は出るし散々だったようで、意気消沈…。

東京駅到着まで寝ると言う、ある意味寝台列車を満喫するこぶん太さん。

 

さぁ、朝の東京駅に戻ってまいりました。
普段の通勤時間帯の東京駅の風景、寝台列車を降りると何だかその光景が急に日常に戻ったような、ワープしたような何だか不思議な感じがするそうですよ。

0泊3日で寝台特急サンライズ出雲号の弾丸旅行を今回してきましたが、子供には往復寝台列車で寝泊まりするのはちょっとしんどかったかなと思うところもありましたが、無事戻って来れました。

寝台列車の個室で一緒に添い寝できる年頃なんてあっという間に過ぎてしまいますからね、パパもこぶん太さんも親子そろって良い思い出になったのではないでしょうかね。

こぶん太さん次はなかなか人気で予約が取れないシングルツインと言う2段ベッドになったサンライズの個室に泊まるのが目標みたいです。

やりたいことがいっぱいのこぶん太さん次はどんな旅に出るのでしょうね?

それではサンライズ出雲の旅のお話はここまで。

隙間時間に気長に進めているYouTubeの動画とブログ投稿、全部をアップするまでに時間がかかってしまいましたが、お付き合いくださりありがとうございました!

 

▼動画も見てみてね✨YouTubeこぶん太チャンネル▼


サンライズ出雲の旅⑤

 

グットボタンとチャンネル登録をお待ちしてます💕

 

www.youtube.com