こぶん太 チャンネル

こぶん太家族のおもしろ日記、子連れ旅行や成長記をアップします。

①新東名スタンプラリー💮 全部のサービスエリア・パーキングエリアのハイウェイスタンプ集めるまで帰れません⁉︎

f:id:cobunta:20211012093132j:plain

どうも、スタンプを真っ直ぐ押すのって難しいよね、こぶん太です!

今回はYouTubeの視聴者さんに教えていただいた、ハイウェイスタンプを使った遊びをしてきましたよ。

その名も「新東名スタンプラリー」新東名にあるサービスエリア、パーキングエリアに設置されているハイウェイスタンプと言う記念スタンプを集めるスタンプラリーをしながら、全部の休憩施設を巡る旅をしたいと思いますよ。

 

現在延伸中の新東名は新御殿場インターチェンジから豊田東ジャンクションまで往復でも500kmないので1日で走破できない距離ではないですが、その途中に何か所も休憩施設があるので、上り線、下り線全部立ち寄るとなると相当な時間になります。

なので、今回は車中泊もしながら2日間かけてゆっくりとSA/PAを巡っていきたいと思います。

 

f:id:cobunta:20211012095958j:plain

さぁ、先ず最初に立ち寄ったのは新東名下り線の最初のサービスエリア「駿河湾沼津」にやってきましたよ。

駿河湾と海沿いの街並みが一望できる景色の良いサービスエリアです。

 

f:id:cobunta:20211012100210j:plain

さぁ、建物の中を探しますよ、休憩施設ごとにハイウェイスタンプが置かれているところがまちまちなので、スタンプのある台を探すだけでもちょっとした宝探し状態。

施設の中をくまなく探して「スタンプあった!」と声を上げるこぶん太に皆さん何事かと振り返っておりました。

案外ハイウェイスタンプの存在を知らない方もいるようですね。「こんなのあるんだ」とこぶん太に続いてスタンプを押しているご家族がおりました。

こぶん太も視聴者さんに教えていただくまでその存在を知りませんでした。

 

f:id:cobunta:20211012100802j:plain

さぁ、まだまだ始まったばかり、先を急ぎますよ。

次にやってきたのは、パーキングエリアの「清水」です。

こちらは上下線共通の休憩施設で上りからも下からも同じ施設を利用できます。

今回は下り線で立ち寄るので、上り線の時はスキップさせていただきます。

清水パーキングエリアはパーキングエリアの中では充実した施設の部類に入るのではないでしょうか?ピザーラなどバラエティー豊かなフードコートやスタ丼のお店、軽食やラテがいただけるカフェがあったり、お買い物もディスカウント店のドンキホーテが入っていて色々面白いものが手に入ります。

 

f:id:cobunta:20211012101324j:plain

ちょっと台紙の向きとは横になってしまいましたが、自分でスタンプ押せましたね、清水パーキングエリアのスタンプは三保の松原の絵柄のようです。

それぞれご当地に縁のある絵柄が描かれています。

 

f:id:cobunta:20211012101622j:plain

今回こぶん太が使っているスタンプの台紙は、NEXCO中日本公式のハイウェイスタンプブックと言う、いろいろな高速道路のハイウェイスタンプを集めることができる本が販売されています。

NEXCO中日本の主要な休憩施設で販売されていて、お値段は630円でした。

こぶん太は東名高速道路足柄サービスエリアで事前に購入してこの旅に挑みましたよ。

NEXCO東日本や西日本でも同じようなスタンプブックが出されているようなので、それぞれの地域で楽しめますね。

その他にもNEXCO中日本のホームページからダウンロードして印刷できるスタンプ台紙も公開されていますし、それぞれのスタンプ台の所にはその場で簡単に押せるスタンプ台紙が設置されているので、スタンプブックを購入しなくてもスタンプラリーが楽しまめすね。

 

f:id:cobunta:20211012102655j:plain

さて、お次の休憩施設はサービスエリアの「静岡」ですよ。

サービスエリアは施設が充実していて良いですね。フードコートも数が多いですし、ご当地のお土産がいっぱい、ドライバーの皆さんに嬉しいコインシャワーなどボリュームがある施設ですね。

 

f:id:cobunta:20211012122755j:plain

静岡サービスエリアでちょっとおやつ休憩を挟んで、施設にある滑り台で気分転換をしたら次の休憩施設へ向かいますよ。

 

f:id:cobunta:20211012124547j:plain

次の休憩施設は藤枝パーキングエリアです。

小さめの休憩施設ですがラーメンチェーン店の魁力屋が入っているので、ラーメン食べたい時はおすすめの休憩施設です。

藤枝は藤の花の名所で有名な蓮華寺池公園の絵柄でした。

 

f:id:cobunta:20211012141639j:plain

さて、下り線の休憩施設は半分を過ぎて掛川パーキングエリアまでやってきました。

こちらのパーキングエリアは牛めし松屋系列のお店が入っているフードコートがあります。

こちらの休憩施設も小さめですが、お馴染みの味がパーキングエリアでも食べれるので、安定の食事をしたい方はこちらのパーキングエリアがおすすめですね。

 

さぁ、スタンプを押すのも慣れてきた頃ですが、この辺りで今回のお話はおしまいです。

次回は下り線の後半をお届けしますね!

 

次回もお楽しみね

 

YouTube


①新東名スタンプラリー💮

 

この動画を気に入っていただけたら、グットボタンとチャンネル登録をお願いします💕

 

www.youtube.com

祝🎉中部横断自動車道 全線開通!新東名新清水JCTから中央道双葉JCTまで走破してみよう!

f:id:cobunta:20211004091905j:plain

どうも、新しい道路って気持ちいいね、こぶん太です!

今回は中部横断自動車道に行ってきましたよ。

2021年8月末に中部横断自動車道の南部インターチェンジから下部温泉早川インターチェンジまでが開通し、めでたく新東名、中央道間が全線開通し1本の道で繋がりました。

 

f:id:cobunta:20211004093831j:plain

こぶん太は新東名新清水ジャンクションから中央道双葉ジャンクションまで向かいます。

途中、中部横断道から直接入れる休憩施設に立ち寄りながら進めていきたいと思いますよ。

 

f:id:cobunta:20211004094419j:plain

中部横断自動車の静岡側はトンネルや橋などの構造物が非常に多い割合の道路で、山谷を貫くように道路が入っています。

トンネルを抜けると、谷を跨ぐように橋がかかり、またトンネルと言ったような風景が続きます。

これは道路工事大変だったでしょうね。

 

f:id:cobunta:20211004094959j:plain

中部横断道の無料区間に入ってしばらくすると南部インターチェンジがあります。

こちらのインターチェンジから直接道の駅「なんぶ」に入ることができます。

インターチェンジを出ることになってしまいますが、無料区間なので料金はかからないので、こちらが中部横断道の最初の休憩施設になりますね。

 

f:id:cobunta:20211004095402j:plain

道の駅は地元の特産品がお手頃に手に入るのが嬉しいですよね、この時期はブドウの時期。シャインマスカットがいっぱい並んでいました。

 

f:id:cobunta:20211004095656j:plain

さてトイレ休憩も済ませたので、道の駅「なんぶ」を後にしますよ。

道の駅からは一旦一般道に出て、南部インターチェンジの入り口から中部横断道に戻ります。もちろん無料区間なのでタダで中部横断道に戻れます。

南部インターチェンジに入って甲府方面に行くと、ここからが新しく開通した区間になります。大きな富士川を跨ぐように橋がかかっています。

 

f:id:cobunta:20211004103100j:plain

新しく開通した道路を抜けて、しばらく無料区間を走ると富士川本線料金所に到着です。

ここからまた有料区間となります。

料金所をくぐってすぐ左側に次の休憩施設道の駅「富士川」があります。

立ち寄る予定のある方は料金所からいつものように加速してしまうと通りすぎてしまいそうになるので要注意ですね。

 

f:id:cobunta:20211004104522j:plain

さぁ、道の駅「富士川」にやってきましたよ。

こちらも中部横断道から直接入って戻れる休憩施設になります。

 

f:id:cobunta:20211004104738j:plainこちらの道の駅も特産品や食堂では地元グルメが食べれますね。

 

f:id:cobunta:20211004105828j:plain

お夕飯にはまだ早いのでこぶん太さんはアイスの自販機でおやつを購入です。

こぶん太さんのお気に入りはクーリッシュというパックタイプのアイス、車の中でもこぼさずに食べれる親も嬉しいアイスです。

 

f:id:cobunta:20211004123127j:plain

さて、道の駅を後にして、車を進めると南アルプスインターチェンジにやってきました。

ETC2.0なら近くの道の駅「しらね」まで料金据え置きでインターチェンジを出て戻れるようですが、ETC2.0という縛りがあるので、今回はスルーさせてもらいました。

これで中部横断道の休憩施設は道の駅「なんぶ」と「富士川」の2つでおしまいです。

 

新清水ジャンクションから双葉ジャンクションまで大体74キロメートル程なので2つの休憩施設があれば十分かもしれませんね。

 

f:id:cobunta:20211004123757j:plain

甲府方面に進むと、今までのトンネルばかりの山間の景色から、見晴らしが良くなってきますよ。

道路が高架橋となっているので開けた視界が気持ちいいです。

 

f:id:cobunta:20211004124120j:plain

さぁ、景色が変わってしばらくすると、もう双葉ジャンクションですよ。

あっという間に中央道まで来てしまいましたね。

この後中部横断道は中央道と重複する区間を経て、長野県軽井沢の方まで繋がる予定です。

もう既に長野県側は上信越自動車道から佐久市にかけて中部横断道が伸びているので、山梨と繋がるのが楽しみですね。

全部繋がったら静岡から軽井沢がグッと近くなりますね。

 

今回のお話はこの辺でおしまい。

帰りには笛吹川フルーツ公園のレストラン「ガイア」でお夕飯を食べて帰りました。

フルーツが美味しい山梨いいですね🍇

f:id:cobunta:20211004124842j:plain

 

YouTube

祝🎉中部横断自動車道 全線開通!新東名新清水JCTから中央道双葉JCTまで走破してみよう!

 

 

この動画を気に入っていただけたら、グットボタンとチャンネル登録をお願いします💕

 

www.youtube.com

横浜みなとみらいのロープウェイ YOKOHAMA AIR CABIN 【ヨコハマ エア キャビン】に乗ったよ

f:id:cobunta:20210922093503j:plain

どうも、ロープウェイって楽しいね、こぶん太です!

今回は横浜みなとみらいにあるロープウェイ、ヨコハマエアキャビンに行ってきましたよ。

2021年4月に開業した観光施設で、JR桜木町駅からワールドポーターズのある運河パークを結ぶロープウェイです。

 

f:id:cobunta:20210922094531j:plain

さっそく、乗り込みましたよ。

バリアフリーになっているゴンドラは子供でも乗り降りしやすく、室内はとても広いです。

 

f:id:cobunta:20210922094748j:plain

昼間のみなとみらいを眺めるのもいいですが、おすすめは日没後の空が暗くなってきた頃。

みなとみらいの夜景を楽しむことができますよ。

 

f:id:cobunta:20210922094950j:plain

汽車道沿いに走るロープウェイ、歩いても十分行ける距離ですが、高い位置からのみなとみらいの夜景は、ちょっと特別な気分にさせてくれますよ。

 

▼こぶん太とロープウェイを楽しましょう🚡▼


横浜みなとみらいのロープウェイ YOKOHAMA AIR CABIN 【ヨコハマ エア キャビン】に乗ったよ

 

この動画を気に入っていただけたら、グットボタンとチャンネル登録をお願いします💕

 

www.youtube.com

④0泊3日⁉︎乗り物に泊まっちゃう移動を満喫弾丸旅行!

f:id:cobunta:20210911041332j:plain

どうも、コインシャワーって便利だよね、こぶん太です!

いよいよ、0泊3日の弾丸旅行も最終話となりました。

徳島から香川県高松駅までやってきたこぶん太は琴電に乗ったり、高松駅周辺で遊んで、寝台特急サンライズ瀬戸の時間を楽しみに過ごしていました。

 

f:id:cobunta:20210911041758j:plain

f:id:cobunta:20210911041902j:plain

空も暗くなってきて、お夕飯にしますよ。

やっぱり香川県に来たらうどんは食べておきたいですよね。

安定派のこぶん太も大好きなうどんなのですんなりOK、この旅はじめてのご当地の美味しいグルメをいただきます。

パパは釜玉の肉うどん、こぶん太は徳島産のすだちの入った冷たい肉うどん。

両方とてもおいしかったそうですよ。

 

f:id:cobunta:20210911042643j:plain

お腹もいっぱいになって、高松駅までやってきました。

まだちょっとサンライズ瀬戸に乗るには早いので、コンビニに寄って車内で食べる夜のオヤツを買って、駅の中で待つことにしましょう。

 

f:id:cobunta:20210911042956j:plain

高松駅の2階にあるスタバのフラペチーノで休憩。

お店の外にあるテラス席のようなところがなかなか眺めが良くて時間を潰すにはちょうどいい感じ。

 

f:id:cobunta:20210911043219j:plain

窓から色々な列車が入ってくる所が見れて全然飽きませんでした。

そして、改札の方を見るとちらほらとサンライズに乗るであろう出立ちの方々が増え始め、サンライズ瀬戸がホームに入線してきました。

ちょうど飲み物も飲み終えた所なので、こぶん太もサンライズを見に行くことにしました。

 

f:id:cobunta:20210911043638j:plain

おぉ〜、やっぱりサンライズ号カッコいいですね。

サンライズの動画を見てずっと乗りたがっていた、憧れの列車が目の前に。

入り口が開くのはまだかまだかと、サンライズをあっちから眺めこっちから眺めてホームをうろうろするこぶん太さんでした。

 

f:id:cobunta:20210911044739j:plain

ようやくドアが開いて車内に入りましたよ。

この狭い通路のこの感じ、寝台列車って感じがしますね。

 

f:id:cobunta:20210911044939j:plain

さぁ、今回利用する個室はA寝台のシングルデラックスです。

室内に洗面やデスクが付いた、サンライズの中で1番ゴージャスな個室です。

 

f:id:cobunta:20210911045228j:plain

室内の設備を見たり、記念撮影しているうちにサンライズが出発しました。

モーターのない車両なので室内はとても静か、コトンコトンとジョイントの音が静かに響きます。

 

f:id:cobunta:20210911045710j:plain

出発は21時半頃、あまり遊んでいると夜更かしになってしまうので、早速シャワーに行くことにしました。

シャワールームはよくあるコインシャワーと同じ感じで、お湯の出る時間が決まっています。

A寝台はシャワーカードが付いているので、シャワーは無料で使えます。

親子2人で十分汗を流して体を洗う時間はありました。

 

f:id:cobunta:20210911050035j:plain

シャワーが終わって程なくすると、岡山駅に到着しましたよ、

こちらでサンライズ出雲サンライズ瀬戸が連結をして、東京駅に向かいます。

今回帰りをサンライズにした理由の一つがこの連結を見たかったからなんですね。

東京から高松行きだと早朝に連結の逆の切り離しが行われるのですが、切り離しより連結の方がこぶん太的には萌えポイントだそうです。

東京発だと22時頃に出発してなんだかんだで寝れるのは0時頃、その上早朝の5時頃に子供を起こして切り離しを見させるのは、子供にはキツそうですからね。

帰りならシャワーしたりいろいろしてると直ぐに岡山に着くので連結見た後はゆっくり到着まで眠らせてあげれますので時間を有効に使えますよ。

 

f:id:cobunta:20210912144252j:plain

お楽しみの連結も見れたので早速こぶん太さんは眠りましょうね。

昼間もいろいろ高松で遊んだので、目をつぶったらあっという間に眠ってくれました。

こぶん太が寝た後はまったりとパパは過ごしたようです。

 

f:id:cobunta:20210912144509j:plain

さて、電車の揺れは眠るには最適ですね、電車のうたた寝の最高版がサンライズでしょうか?こぶん太もぐっすり眠れました。

目が覚めたら思ったよりも進んでない。

アナウンスを聞いたら夜中に東海道線で安全確認を行なっていたようでサンライズが遅延していると言うことでした。

電車の遅延て普段は困るんですが、サンライズは別なようで、それだけサンライズに乗っていられる時間が長くなりますからね。

ゆっくりと車窓を満喫して、東京駅まで楽しめました。

 

f:id:cobunta:20210912145002j:plain

さて、4回にわたってお送りしました弾丸旅行記、あっという間の0泊3日の弾丸ツアーでした。

長いことお付き合いくださりありがとございます。

YouTubeの動画も見てみてくださいね💕

 

サンライズ瀬戸の様子はこちら▼


③0泊3日⁉︎乗り物に泊まっちゃう移動を満喫弾丸旅行!

 

この動画を気に入っていただけたら、グットボタンとチャンネル登録をお願いします💕

 

www.youtube.com

③0泊3日⁉︎乗り物に泊まっちゃう移動を満喫弾丸旅行!

f:id:cobunta:20210904003103j:plain

どうも、君は冒険派?安定派?僕は安定派のこぶん太です!

0泊3日の弾丸旅行も第3話となりました。

フェリーで2日目の朝を迎えたこぶん太さん、ゆっくりと船で眠れたようですよ。

 

f:id:cobunta:20210904003404j:plain

目が覚めたのは9時頃、十分な睡眠時間が取れましたね。

船体動揺も眠ってしまってからだったようで、揺れている感覚はありましたが、船酔いもなく過ごせました。

 

f:id:cobunta:20210905092635j:plain

現在の位置がモニターで表示されていました。

三重県から和歌山県に入った所のようですよ、だいぶ進みましたが徳島健まではまだ十分時間がありますね。

 

f:id:cobunta:20210905092934j:plain

フェリーは陸地沿いにすすむので、外を眺めると結構近くに陸地が見えます。

なので携帯の電波がよく入ったのですね。

船のアナウンスで東京行きのフェリーとすれ違うとのこと、急いで外に出て東京行きのフェリーを見送るこぶん太です。

 

f:id:cobunta:20210905093524j:plain

さぁ、到着まではまだまだ時間があるので、朝風呂に入ることにしましたよ。

ちょうど空いていて、こぶん太以外いなかったので、お風呂の中写真を撮らせてもらいました。

移り変わる海の景色を眺めながら、ゆったり足を伸ばして入るお風呂は最高ですよ。

船の動きに合わせて浴槽のお湯も揺れるので、ゆらゆらとして面白いお風呂です。

 

f:id:cobunta:20210905094036j:plain

ゆっくりと支度をして、そろそろ下船の時刻が迫ってきました。

お部屋を片付けて、鍵を返しに行きましょう。

 

f:id:cobunta:20210905094309j:plain

港に着き下船しましたよ、改めて見ると大きなフェリーですね。

とても快適に過ごすことができました。

 

f:id:cobunta:20210905094522j:plain

これから徳島駅へ向かいますよ。

港からはフェリーの到着に合わせて、徳島駅行きのバスが出ているので便利ですね。

 

f:id:cobunta:20210905105159j:plain

20分ほどで徳島駅に到着しましたよ。

運賃を払って、駅に向かいましょう。

バスロータリーから目の前が徳島駅です。

 

f:id:cobunta:20210905105347j:plain

さて、お昼過ぎになりそろそろお腹も空いてきましたね、徳島駅でお昼ご飯にしましょう。

パパとしては徳島ラーメンとかのご当地名物を食べたかったようですが、安定派のこぶん太さんは全世界味の変わらないファーストフードのハンバーガーとポテトがいいと…

初めて食べるもので食べれないよりは、食べ慣れたモノで食べてくれた方が安心と、パパも一緒にハンバーガーとポテトでお昼は完了。

 

f:id:cobunta:20210905105544j:plain

特急の出発の時間までの間は、これまたお馴染みスタバでこぶん太の好きな子供用にカスタマイズしたフラペチーノで休憩です。

子供でカフェインが心配だったりありますが、店員さんに相談すると子供向けにカスタマイズしたものを提案してくれますよ。

こぶん太オススメはデカフェのコーヒーフラペチーノとマンゴーパッションティーフラペチーノのティー抜き🥤

 

f:id:cobunta:20210905110842j:plain

さぁ、徳島駅から特急うずしおに乗って香川県高松駅にやってきましたよ。

初めて気動車に乗ったこぶん太さん、いつも見る電車に電気を送る架線やパンタグラフがなく、モーターの音もしません。

ディーゼルエンジンで動く列車なので、「バスみたいな音がする!」と不思議がっていました。

 

f:id:cobunta:20210905111203j:plain

こちら高松駅からは今回こぶん太が1番楽しみにしていた寝台特急サンライズ瀬戸に乗って東京に戻りますよ。

まだ出発までには早いので、高松駅周辺で遊んでみましょう。

 

それでは、今回のお話はここまで、次回もお楽しみにね✨

 

▼動くこぶん太はこちら▼


③0泊3日⁉︎乗り物に泊まっちゃう移動を満喫弾丸旅行!

 

この動画を気に入っていただけたら、グットボタンとチャンネル登録をお願いします💕

 

www.youtube.com

②0泊3日⁉︎乗り物に泊まっちゃう移動を満喫弾丸旅行!

f:id:cobunta:20210824141012j:plain

どうも、自分のことは自分でするよ、こぶん太です!

0泊3日弾丸旅行第2話となりました。

東京駅から有明東京港フェリーターミナルに移動してきたこぶん太。

出港の時間までゆっくりロビーで過ごしました。

 

f:id:cobunta:20210827113829j:plain

空が暗くなり始め、徒歩の乗船案内が始まりました。

こぶん太もチケットを用意して搭乗口に向かいますよ。

 

f:id:cobunta:20210827114033j:plain

車で来る方が多いためか、徒歩のこぶん太の乗船が始まる頃にはロビーはガラガラでした。

 

f:id:cobunta:20210827114326j:plain

飛行機と同じようにボーディングブリッジを渡り、フェリーに乗り込みます。

 

f:id:cobunta:20210827114458j:plain

フェリーの入り口でお世話になるお部屋の鍵を受け取って、中を進みますよ。

広い船内ゆったりしています。お部屋の廊下は写真のような感じ。

こぶん太の第一印象は「病院みたい」だそうです。


f:id:cobunta:20210827120057j:plain

お部屋にやってきました。

2名用個室です。靴を脱いで絨毯敷のフロアでゆったりできます。

子供と2人なら十分すぎるくらいの広さ、写真左側から収納された2段ベッドが出てくるので、寝るのも広々使えます。

 

f:id:cobunta:20210827120451j:plain

部屋に荷物を置いてデッキに出てきました、広々としたデッキ、東京の夜景が綺麗に見えます。

日も暮れて海の風が気持ちいい。

 

f:id:cobunta:20210827120730j:plain

まだ乗ったばかりですが、もうお腹ペコペコ、早速お夕飯にしましょう。

レストランのないフェリーなので、食べ物は全部自販機で購入して、レンジで温めます。

 

f:id:cobunta:20210827120939j:plain

ずらっとレンジが並んでいるので、自分で温めます。

無料で紙皿やコップ、カトラリー、調味料も揃っているのでありがたい。

 

f:id:cobunta:20210827121336j:plain

その場でも食事はできますが、ゆっくりと食べたいのでお部屋に持ってきてお夕飯にしました。こぶん太さんはカップヌードル、パパはカレーを食べたそうですよ。

洒落た夕食ではないですが、船の上で食べるカップヌードルは一味違いそうですね。

 

f:id:cobunta:20210827121622j:plain

お腹もいっぱい、早々にお風呂も入ってあとはまったりと過ごします。

パパのおつまみを一緒につまみながら、タブレットで動画を見ます。

船にはWi-Fiの設備はないそうですが、海上でも携帯の電波がかなりの割合で入るようで、通信環境には困らなかったみたい。

家にいるママにも船の中からビデオ通話で連絡をしてくれました。

 

f:id:cobunta:20210827122037j:plain

こぶん太がまったりしている間にパパはお洗濯。

リュック一つで3日間過ごすので、着る物は最低限しか持ってきていないので、洗濯できるとありがたい。

フェリーにコインランドリーがあって助かりました。

 

f:id:cobunta:20210827122304j:plain

さて、そろそろ寝る時間なので、ベッドの準備をしますよ。

自分でベッドメイキングをします。

 

f:id:cobunta:20210827122439j:plain

パパに手伝ってもらいながら自分のベッドが完成しましたよ。

 

f:id:cobunta:20210827122550j:plain

よほど自分でベッドメイキングしたベッドが気に入ったのか、根っこが生えたようにベッドから出ず。

そのまま眠ってしまいました。

 

それでは、今回のお話はここまで、次回は目が覚めた2日目の様子をお届けしますね。

 ▼動くこぶん太はこちら▼


ここにタイ②0泊3日⁉︎乗り物に泊まっちゃう移動を満喫弾丸旅行!トルを貼る

 

この動画を気に入っていただけたら、グットボタンとチャンネル登録をお願いします💕

 

www.youtube.com

①0泊3日⁉︎乗り物に泊まっちゃう移動を満喫する弾丸旅行!

f:id:cobunta:20210816145059j:plain

どうも、新しいリュックに思い出いっぱい詰め込みたいこぶん太です!

 

こぶん太も夏休みに入って夏休みの思い出作りに大冒険に出かけますよ。

0泊3日でほとんど乗り物に乗って過ごす、乗り物好きキッズにはたまらない弾丸ツアーです。

もちろん、幼稚園の子供が無理なくできる旅行プランですので、あまたのYouTuberがやっているような過酷企画ではありませんのであしからず。

 

f:id:cobunta:20210816145630j:plain

今回出発の地に選んだのは東京駅、煉瓦造りの建物がかっこいい。

色々な乗り物に乗って3日後にこちら東京駅に戻ってきますよ。

 

f:id:cobunta:20210820103829j:plain

向かうのは東京駅で1番遠いと有名な京葉線、なが〜い地下通路を歩いていきますよ。

涼しい地下通路、炎天下の中移動するよりはマシかもしれません。

 

f:id:cobunta:20210820104249j:plain

いや〜本当に長い、5分程あるてもまだまだ先が長い、水分補給をしながら休憩を挟みます。

ネットで調べてみたら、東海道線から京葉線は565.2メートルの距離があるそうで全国で2番目に乗り換えに時間のかかる所だそうですよ。だてに全国2位ではないですね。

ちなみに1番は渋谷の埼京線から東急東横線の766.5メートルだそうです。

 

f:id:cobunta:20210820105003j:plain

ようやくゴールが見えてきましたね。

子供の足で休憩挟んで10分強、もう少しでホームに到着できそうです。

 

f:id:cobunta:20210820110126j:plain

さぁ、京葉線に乗り込みましたよ、これから千葉方面へ向かいます。

 

f:id:cobunta:20210820110251j:plain

東京駅の京葉線は地下ホームのため、しばらくは地下鉄のように真っ暗の中を進みます。

日中の京葉線は比較的空いているので移動しやすいです。

 

f:id:cobunta:20210820110604j:plain

しばらく走って地上に出てきましたよ、大都会の真ん中から海の方へ向かい潮見駅を過ぎると、千葉方面へ大きく方向を変えます。

 

f:id:cobunta:20210820111031j:plain

さて、降りたのは新木場駅、これから東京臨海高速鉄道りんかい線に乗り換えますよ。

木場と言うだけあって木がふんだんに使われた駅で2020年にリニューアルが完了した駅で、新しい雰囲気がしますね。

 

f:id:cobunta:20210820111455j:plain

新木場駅で乗り変えたのは東京臨海高速鉄道りんかい線です。

短い距離は立ってドア側に乗る派のこぶん太は千葉方面から逆方向に有明方面へ進みます。

京葉線りんかい線は元々は国鉄の貨物線として計画されていた路線で、新木場の所で線路は繋がっているそうですよ。

今直通運転はしていないみたいですが、ディズニーのある舞浜とお台場で直通運転とかあったら色々楽しめそうな路線ですよね。

f:id:cobunta:20210820112255j:plain

新木場駅からあっという間、国際展示場駅で降りましたよ。

東京ビッグサイトでお馴染みの駅ですね。

この駅からオーシャン東九フェリーシャトルバスが出ているのですが、まだちょっと時間があるので、こぶん太が乗ってみたかった「ゆりかもめ」に乗ることにしました。

 

f:id:cobunta:20210820112552j:plain

駅にあった顔ハメパネル?で記念撮影。

 

f:id:cobunta:20210820112642j:plain

こぶん太さんが乗ってみたかったのは、この1番前の席。

自動運転のゆりかもめは1番前に座ることができて運転手さん気分を味わえるんですね。
結構子供に人気で、途中からは座ることが難しいので、始発の駅に行って1番前の席待ちを根気よく待ってようやく1番前に乗れました。


f:id:cobunta:20210820113117j:plain

ゆりかもめにも満足して、そろそろいい時間。

シャトルバスの出るバス停にいきましょう。

 

f:id:cobunta:20210820113238j:plain

来たのはワンボックスのバンでした。

元々フェリーを徒歩で利用する人が少ないようで、この日も乗り込んだのはこぶん太ともう1人だけ。

ワンボックスで十分てことみたいです。

 

f:id:cobunta:20210820113456j:plain

シャトルバスで東京港フェリーターミナルに到着しました。

ネットでの予約だったので、こちらで乗船手続きをしますよ。

 

f:id:cobunta:20210820113655j:plain

さぁ、乗船手続きが終わり出発ロビーにやってきました。

夕焼けせまるそらに大きく横たわるフェリー、今回お世話になるフェリーは「どうご」と言う名前でした。

オーシャン東九フェリーは4隻のフェリーがあってそれぞれに四国4県にゆかりのある名前がつけられているそうです。

そして圧巻なのは、ロビーにいる乗客よりも多いコンテナの数!

このコンテナを器用にトレーラーで牽引して、次々にフェリーの中に吸い込まれていきます。

フェリーの需要って貨物の方が多かったりするんですね。


f:id:cobunta:20210820114605j:plain

出港の準備に勤しむフェリーを眺めながら、こぶん太さんはフェリーの中で食べる予定だったおやつを早くもつまみ食い。

と言うかあっという間に一袋完食💦お昼ご飯食べて自宅からずっと電車を乗り継いで東京駅まで来て、夕方の有明のフェリーターミナルまでずっと移動しっぱなしでしたからね、お腹も空きますよね。もうしばらく乗船時間まではゆっくりしましょう。

 

さて、今回のお話はここまで、次回はフェリーの中での様子をお届けします!

次回をお楽しみね!


▼動くこぶん太はこちら▼


①0泊3日⁉︎乗り物に泊まっちゃう移動を満喫弾丸旅行!

 

この動画を気に入っていただけたら、グットボタンとチャンネル登録をお願いします💕

 

www.youtube.com